耐震リフォームについて②

 

引き続き、耐震リフォームについてご紹介します。

築年数を基準とする考え方以外に、耐震リフォームをした方がいい場合はほかにどのようなものがあるでしょうか。


まずは、『建物に欠損などのダメージが生じている』場合です。


細かいひび割れ、何かが取れてしまっているなど、場合によっては大地震などの大きな衝撃に見舞われた場合、その部分を起点としてダメージが倍増するようなケースもあります。外見上で問題が見受けられる場合は、急いで対応した方がいいでしょう。


また、『居住地で過去にある程度大きな地震があったことがある』ような場合は、地盤などが緩んでいて、家に問題がなくても基礎や地盤においてダメージを受けやすい状態になっている事も考えられますので、中古物件などでリフォームを行う際は、その土地の状況も加味して耐震に取り組んだ方がいいでしょう。


地震大国と言われるわが国では、対岸の火事ではなく、明日は我が身の考え方でご検討された方が良いと思います。