なぜ日本の家は寒いのか?〜日本家屋について〜

 

このブログでも、再三に渡り断熱リフォームや暖房器具のオススメをしてきました。


ところで、なぜ日本の家はこれほどに『寒い』のでしょうか?

それは昔からの日本の価値観が根差しているのです。




日本は亜熱帯で『とにかく夏を快適にすごそう』という価値観が根差していました。


古くからの日本家屋に見られる、あらゆるところに意識されている『風通し』を意識した構造などにも見られるように、かの兼好法師も徒然草で

「家の作りようは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる」

と記しているほどなのです。


しかし、現在は夏と冬の寒暖差がより激しくなり、しんしんと雪が降り、囲炉裏、火鉢を囲んで家族で暖をとる…という価値観も薄れ、ヒートショックをはじめとする健康被害が発生する事例なども出てきました。


現代に暮らす我々は、古くからの伝統を大事にしつつ、それぞれの家庭観に即したリフォームにより、自らの暮らしをより快適にする必要があるのかもしれません。