平屋に住む!相場はどれくらいなの?

 

一般的な日本の住宅は二階建てが多く、都心になると三階建ても増えてきましたよね。

平屋のイメージといえば、ご年配の方が建てるイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

しかし、近年若い世代が新築の平屋を建てるケースが多く見られます。




では気になってくるところが、平屋と二階建ての新築を建てる際の予算になると思います。


平屋といっても間取りや平米などで料金が変わってきますが、2〜3LDKの広さで1000〜2000万ほどが相場になってきます。


新築で住宅を建てるときは、できる限り予算を抑えながら希望の間取りや設備を取り入れたいと考えるでしょう。


二階建て住宅と平屋の建築費用を比べた場合では実に7割以上の人が二階建て住宅のほうが建築費用は高いと考えている人が多いようです。

それは平屋よりも使用する資材が増えること、耐震補強に費用がかかるため費用が高くなると考えるからです。


ところが、実際に建築費用を比べてみると、必ずしも平屋のほうが建築費用は安くなるとは限らないのです。それどころか、平屋のほうが建築費用は高くなると一般的にいわれています。


その理由の1つが、二階建て住宅と同じ居住スペースを平屋で確保するためには、ある程度の広い敷地を確保しなくてはいけないからです。そして、敷地面積が広い分だけ住宅を覆う屋根にも費用がかかるようになります。


次回は費用が高くなるポイントについてお書きします。


新潟県新発田市にあるアイスタイルでは二階建ての新築だけではなく、平屋などの相談もお待ちしております。

お気軽にお問い合わせくださいね!