リフォームとリノベーション~言葉の意味合い~

 

現在、『リフォーム』という言葉もだいぶ市民権を得てきており、その流れで、弊社の様な企業も皆様のご依頼を頂き、工事を行わせて頂いている状況でございます。


また一方で、方々で『リノベーション』という言葉も最近は拡がってきました。

その違いは一体何でしょうか。




『リフォーム』とは、本来は古くなった家屋を新築状態に戻すことを言い、主に壁紙の修繕(変更)や、水道周りの補修に伴う設備変更など、いわゆる『マイナスしたものをゼロに戻す』ことがメインとなります。


一方、『リノベーション』は、間取りの変更や新しい大規模設備の導入(暖炉・個人宅用エレベーター)など、『プラスアルファの付加価値をつける』ことが主な考え方です。


最終的に何か施工上で大きな区別があったりはしませんが、言葉の持つ規模感やニュアンスをご理解いただく事で、業者とのやりとりもスムーズになると思います。


リフォーム・リノベーションとも、お困りの際はぜひ当社までご連絡ください。