リフォームで災害対策。

 

皆様、今年の冷夏で夏バテなどしていらっしゃらないでしょうか。


今年は予想以上の冷夏と、低気圧の影響で九州地方で豪雨が発生するなど、例年には無い天候の影響が各地に発生しています。


そんな対処しにくい災害に対しては、普段からの備えが必要です。

具体的には、強化窓への変更や、窓シャッターの設備をお勧めいたします。




例えば台風などの暴風雨の際に一番起こりやすいのは、大きな飛来物などで窓が破られてしまい、そこから一気に風が入り込んで家の中がめちゃくちゃになってしまう、ひどいケースは、屋根までも持ち上げられてしまい、屋根が崩れてしまうという事例です。


近年の窓シャッターは電動式のものも多くあり、外出時、就寝時など、対処しにくい時間帯やシチュエーションにおいて、エアコンをつけ消しする要領で操作できる手軽なものも増えてきています。

また、断熱の事例でも触れていますが、窓を二重にするなどの対策は気温の問題だけでなく、災害対策としても効果を発揮します。


リフォームのご用命は、ぜひ当社までご相談ください。