意外と難敵、冬のカビ

 

『カビが生えた』というと、夏場の暑いところに湿気を帯びた環境を放置しておいたり…というシチュエーションを想像しがちですが、この秋冬のシーズンにかけても、カビ対策は重要となってきます。


今回は、この冬のカビについてのお話です。


秋冬のカビの温床になりやすいのは、何と言っても『結露』です。

そして秋冬に結露が起きやすい場所は窓辺なので、カビに注意すべき第一は窓辺、その次は部屋の隅など、空気が循環しにくい場所です。




部屋の隅などはこまめに掃除をしたり、家具などがある場合は換気をすることで、一定の空気の滞留を防ぐことが出来れば解決することが出来ます。

結露の理由は、冷たい空気が暖かい空気に触れることで発生する水分なので、空気の滞留を防ぎ水分をしっかりと拭き取ったり、乾燥する環境を用意できれば、問題ないと思います。


また、窓に関しての応急処置としては窓用のフィルムを簡易的に貼り付けるというようなものでも、ある程度の効果が期待できます。


対象の場所が複層になっていると、熱の伝達が鈍り、結露が発生しにくくなるからです。

更なる効果をご希望の場合は、ぜひ二重窓化をはじめとした断熱工事をお勧めいたします。


いよいよ訪れる本格的な寒さの前に、各種のご用意はぜひ当社までご相談ください。