梅雨の先まで考える

 

緊急事態宣言中によく言われていたことですが、日本では非常に天災が多いです。昨年も秋口に台風が二つ、主に千葉など関東地方の海沿いの街には大きな被害を及ぼしました。


被災された環境の中で、ウイルスによる密集密閉を防ぐという観点から考えると、うかつに避難所などにも避難ができないような状況も今後考えられます。

その場合、自宅にいていかに被災しないようにするかという取り組みも考えていかないといけません。


例えばそれはシャッターを強化するとか、天井が雨漏りなどをしていないかなど、日常点検をしっかりとするかなどです。


梅雨の時期に差し掛かり、湿気対策などを行う家庭も多いかと思われますが、その際には、合わせて家の耐久性などもしっかりとチェックするのがいいと思います。


そのようなチェックのご相談も、お気軽に当社までお寄せください。