天然由来の力を生かす

 

だんだんと迫ってくる梅雨のシーズン。

じめじめと重苦しくなった空気は、なんだか体にも悪そうです。


そんな時に力を発揮してくれるのが、『和室』です。

特にこの時期、新しい畳に変えて、涼しい環境ですごしてみませんか?


天然イ草の畳は、まるでスポンジのように空気中の湿気を吸い込みます。

そして新しい畳であるほど、湿気が入ったことによる変化がわかりやすいので、長持ちさせるためにもこまめにお手入れもしていきましょう。


まずは室内の換気をしっかりと行います。

エアコン、除湿器などを用いて、畳の吸水率がいきなり限度にならないように整えます。


また、例えば冬場に一時的に使っていたとして、カーペット、絨毯、ラグなどを畳の上に敷いていた場合は片付けましょう。

通気性の悪い環境は、ダニやカビの温床となり環境が悪いです。


そして、拭き掃除などの手入れをする場合は、主にから拭きで仕上げるのが良いでしょう。


以上の事に気を付ければ、ジメジメした中でも過ごしやすい環境が維持できます。

ぜひ和室を有効活用してみましょう!