雨水の有効活用

 

今年の梅雨は、なにかとニュースになるくらいに広い範囲や大量の雨量が話題となっています。


梅雨と言えばしとしとと降る長雨と湿気によってジメジメした気候が続いていく状況が印象的ですが、今年はまるで秋口の台風の様に、気温自体も下がり、車の冠水も引き起こしかねない状況です。


そんな大量の雨ですが、有事の際は様々な事に役立ちます。

その為に設置をお勧めするのが『雨水タンク』です。


大きさにもよりますが、約100リットルほどの水をためておくことが出来る貯水タンクは、雨水を生活用水として利用するにはもってこいです。

普段使いとしては、庭の草花の水遣りや、車の洗車などに利用できます。

また、災害時には手洗いや排便の処理用水としても使うことが出来ます。


人間が1日摂取しなければいけない水分量は約2リットルと言われていますが、例えば備蓄用のミネラルウォーターはしっかりと摂取用とするために、生活用水の心配がある程度解消できれば、1,2日であれば断水などにも対応できる可能性が上がります。