災害から学ぶこと

 

沖縄方面で発生した台風は、九州地方に大量の雨を降らせました。


その影響か、首都圏でも急激な大気の変化による豪雨などが見られる日も多くありました。


少し前の記事にもしたのですが、このような豪雨や突風の災害において、被害拡大の大きな要因になりつつも、日頃の盲点になっているのが『屋根』です。


屋根自体のダメージの見方としては、雨漏りがしていないかや、瓦が落ちていないかなど、わりと認識しやすいものもありますが、関連性の高い壁のダメージなどは、どうしても見落としがちです。


例えば小さな壁の亀裂に、横殴りの風や雨が吹き込んで来た場合、状況によってはまるでダムが決壊するように、一気に深刻な状況になることも考えられます。


災害が多いこの時期には、利便性だけでなく、家屋の耐久性にも目を向けて行きましょう。