想いを細分化する

 

リフォームという言葉が定着して久しいですが、軽々しいものではないということは多くの方に認識されてると思います。


向こう数十年を左右する高い買い物だと考えると、なかなか失敗を恐れて踏み出せなかったり…という方も多いのではないでしょうか。

今回は失敗しないリフォームの一例のご紹介です。


リフォームを検討する際は、便利な機能をただ導入するだけではなく、今住んでいる状況から何が困っているかと言う原因を逆算することが大事です。


例えば高齢の家族がいて、スロープなどのバリアフリー化をするのは現状が必要条件に至っていない、できていないことに対する要望です。

一方でキッチンが不便だから、システムキッチンを導入するということは、より良くしたいというプラスアルファの願望となります。


このような区別化をしっかりすることで、より効率の良い計画を立てることができるでしょう。