優しい暮らし

 

先日町を歩いておりますと、足を悪くされているようなご高齢の方が、手すりにつかまりながらゆっくりと歩を進めていらっしゃるのを見かけました。


日本国内においては、結婚の水準が最悪レベルに落ち込んでいる状況があるようで、今後ますます少子化が進む一方で、平均寿命が長くなっていく長寿の国になってことが予想できます。


ご家庭におきましても、ご高齢のご家族との暮らしを既にされてる方もいらっしゃるでしょう。


そのような状況においては、やはり一緒に住まれている方全員が、快適な環境として生活できる設備を整えることが必要です。


冒頭の説明に対しましては、考えられることはスロープの設置などは簡単に行うこともできます。

階段を踏み外してしまう恐れへの配慮でしたり、バイクや自転車をご利用なられる方は玄関前までスムーズにあげることができる。


コンクリートで舗装するパターンや、資材を直で設置するパターンなど色々ありますが、バリアフリーという観点においては導入をお考えいただいても宜しいかと思います。