春こそ長期計画

 

3月の一部に見られた『春の嵐』の様な気候も落ち着き、よくアナウンスしておりますが、まさにリフォームも『シーズンイン』といった具合になります。


ここで考えておきたいのが、『今の段階で夏以降の計画も立てる』という事です。


4月はいうなればリフォームが取っつきやすい季節ですので、目先のものをあれもこれもとやりがちですが、すぐに梅雨のシーズンが来ることを考えると、外装工事や施工期間が長くなると予想されるリフォームについては、今のうちから取り組むことがよいと思われます。


なぜなら梅雨の時期は施工の状況が天候に左右されやすく、思わぬ長期化となってしまったり、湿気対策などは早めにやっておかないと、本来必要なシーズンを逃してしまう事になるからです。


夏のリフォームもニーズとしては盛りだくさんです。

空調、窓、屋根・壁、過ごしにくさを感じておられるなら、これらの中から適切な改善を見つける必要があります。それには早い動き出しがなにより必要なのです。