ガレージハウスのデメリット

 

夢のマイホームとよく言いますが、特に子供がいる家庭などにとっては、家族の移動手段として車は必需品です。

そして、マイホームと同じくらい車を大切にする人も多く、新車や高級車を保有している場合は、ガレージハウスのあるマイホームを建てる人も増えつつあります。


実際に弊社でも近年嬉しいことにお問い合わせも増えています。


ガレージハウスのメリットは次の記事でご紹介しますが、

例えば雨の日などの荷物の積み下ろしが楽になったり、防犯性が高いなどメリットはたくさんあります。

しかし、メリットがあればデメリットももちろんあります。




今回はそんな憧れのガレージハウスのデメリットをご紹介します!


ガレージハウスのデメリットとして一番大きいデメリットは費用が高くなることはもちろんですが、ガレージハウスに生活の拠点を置くとなると、1階部分に間取りを割くことになります。

それ以外の生活スペースは圧迫され縮小したり、2階に移したりしなければならないため、2階建て以上の建物か広い土地が必要となってきます。


また、クルマを入れるために大きな入り口を設けなければならないため、断熱性や気密性には工夫をしなけばなりません。


新潟県新発田市にあるアイスタイルではそういったデメリットをしっかりとお話をした上で施工を開始します。

ロマン溢れるガレージハウスですが、建てた後に後悔してしまうことは弊社としても避けたいためです。

ご相談だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください!