ガレージハウスのメリット

 

建物の中に設けた駐車スペースのことを「ビルトインガレージ」または「インナーガレージ」と言います。

屋外と直結した一階部分を車のためのスペースとして割き、その分、居住のためのスペースを階上へ設けるケースが多いと思われます。

「いつも愛車を眺めながら暮らしたい…」という方であれば、あえてガレージスペースのすぐ隣にリビングを配置して、ガラス越しに愛車が見えるように設計するなんていうこともあります。




ビルトインガレージは、車を愛する人にとっては夢のような空間になることでしょう。

しかしなかには「やってみたいけど、(自分ほど車が好きではない)家族が…」なんて懸念を抱く人もいるかもしれません。

注文住宅のプランニングでは、家族みんなの合意を得ることも大切。

そこで「車好きだけではない!家族みんなに役に立つビルトインガレージ」というテーマで、メリットを挙げてみましょう。


① 雨の日にも安心

ビルトインガレージなら、雨の日の車への行き来が傘なしで、ほぼ濡れることなく行えるようになります。

そのため天候を気にせずお買い物ができます。


② 大きな荷物の収納場所に

車を収めるスペースとしてだけでなく、キャンプ用品やサーフボード、DIY用品、防災用の保存食…といった、室内では場所をとって置きにくいものを、一箇所に収納するスペースとしても役に立ちます。


③ 愛車を安全に守る

車は、家族全員にとっての大切な財産。外に駐車していると盗まれたり、イタズラされてしまう危機があります。雨風もしのげる屋内へ駐車することは、安全対策にもつながります。


④ 庭に駐車スペースがとれない場合の対処法として

東京都心部などでは、広さの関係で敷地内に駐車スペースを設けることができないケースもあります。

しかし別の場所に月極駐車場を借りるのも安くはない。

そこで限られたスペースを有効活用し、敷地内にビルトインガレージを採用することで、敷地内に車を駐車することができます。


いかがでしょう。

前回のデメリットに続き、今回はメリットを抽出させていただきました!

メリットしかないものはないですし、もちろんデメリットしかないものはありません。

新潟県新発田市にあるアイスタイルではお客様の要望をしっかりと聞き、その上でメリットデメリットの説明をさせていただいております。

お気軽にご相談くださいね。