平屋に住む!〜メリットとデメリット、そして注意点〜

 

今回は平屋に住むメリットとデメリットについてお話します。

やはりどんなに物にでもメリットとデメリットは存在します。




まずはメリットからご紹介します!


平屋に住むメリットの1つが、家事動線が集約している点です。


平屋では全ての設備が1つのフロアに揃っていますので、無駄な動きや時間を少なくできるのです。

たとえば、お風呂や洗面所は1階にあり、洗濯物を干すベランダは2階という住宅の場合、洗濯機を回して干すのに階段を上り下りしなくてはいけなくなります。


2階に寝室やクローゼットを設けているケースも多いですが、家族を起こしに行ったり服を着替えに行ったりするのにも階段での移動が必要になります。

平屋に住むとそのような移動も少なくでき、家事や日常生活が効率的にすすめられるようになるのです。


バリアフリーで幅広い世代が安全に住めるのも、平屋のメリットだといえます。

高齢になって足腰が弱ってくると階段の上り下りなども困難になってきますし、ケガや転倒のリスクも増えます。

赤ちゃんや小さい子どものいる家庭でも階段はリスクが大きいですから、その点平屋は安全性に優れています。

また、平屋はメンテナンス費用も抑えられます。経年劣化によって外壁塗装が必要になったときに、足場を作らなくて済むので費用が安くなります。


次にデメリットをご紹介します。


平屋に住むデメリットの1つが、プライバシーの確保が難しいという点です。

家の位置や周囲の環境によっては家の中が丸見えになってしまうことがありますので、周囲の視線を気にしながら生活しなくてはいけなくなります。

新築で平屋を建てる際は、周りの環境などもよく考慮したうえで間取りやプランを考える必要があるでしょう。


日当たりを確保するのが難しいこともデメリットになります。

平屋で部屋数をある程度確保しようとすると、建物の中心には日光が届きにくくなってしまうからです。

日当たりの悪さも建物の形状などを工夫することで改善できますが、その分費用が割高になることがあります。


防犯面でも注意が必要になります。

1階のほうが侵入しやすいため、空き巣被害に遭う危険性も高くなってしまうからです。

窓ガラスを二重にするなどの防犯対策を十分行うことが求められるでしょう。


平屋を注文住宅で建てる際には、それなりの費用がかかってきます。

平屋は二階建て住宅よりも建築価格が高くなりがちですので、高品質で低価格の平屋を建てたいなら費用を抑えるテクニックを知ることが大切です。

まずは、平屋を新築する際にかかる費用相場について知っておきましょう。


さらに、建築費用を抑えるために設計や間取りをできる限りシンプルにする、不要な部分をできる限り省くようにするなどの工夫が必要になってきます。

また、知名度だけで住宅会社を選ぶのではなく、平屋の建築実績豊富な会社に依頼するようにしましょう。

平屋は購入してからも外壁などのメンテナンスコストも安く済むなど、メリットも多々あります。

憧れだった注文住宅で平屋マイホームを手に入れることも、やり方次第で可能になってくるでしょう。


新潟県新発田市にあるアイスタイルでは念願のマイホームに関してのご相談を受け付けております。

ご予算や希望などを遠慮なくお伝えください。

希望に沿うご提案をさせていただきますよ。

お気軽にご相談くださいね。