金属塗装をする際の注意点

 

前回の記事で、色の変更が手軽なリフォームになるという内容をアップしました。

今回は、少し詳しく金属製の素材に対する塗装の内容です。


金属に対する塗装は、通常の塗装よりも少し気を遣うかもしれません。

塗料にはさび止めを混ぜたり、あるいは現在はあらかじめさび止めが入っている塗料も市販されていますので、そちらを選ぶことをおすすめします。


そして金属への塗装は、何よりも下ごしらえが大切です。木材などに対しても、場合によっては色がより乗りやすいように、表面にやすり掛けをする場合もありますが、金属の場合は『ケレン』と呼ばれる、作業を行います。




これはケレン前のサンプルです。この状態では、さびがむき出しのままであまり塗装をする恩恵を得られない且つ、古い塗料がめくり上がっていて、上から塗った際に後々剥がれ落ちてしまって下地が出てしまったりと、いろいろと問題があります。




これを、皮すきを使って表面の『バリ』をなくし、さらにやすりで錆を落としたうえで塗装を開始します。

ご家庭で作業される際は、この下ごしらえが大変かもしれません…。


そんなご希望・見積もりご要望にも、当社では全力でお応えします。

お気軽にご相談ください!