ケレンについて〜part2~

 

以前、塗装時のケレン作業についての記事を掲載しました。


今回は具体的な道具を写真で紹介します。




大小、様々な材質、形状のブラシがあります。取っ手がついて、本当にいわゆる歯ブラシのような感覚で使うもの、金だわしのような使い勝手で平面を仕上げるもの。

また、写真は少し分かりにくいですが、丈夫な紙ヤスリのような使い勝手の道具もあります。




例えば、屋外に設置されている階段などに施工する場合、材質によってもまちまちではありますが、ステップ部分、ステップの両側面、あれば踊り場などの面が広い部分には、たわし状のブラシで一気に仕上げます。側面とステップの接する内角の溝には、歯ブラシタイプを用います。


手すりなどの丸みを帯びていたり、何らかの理由で通常のブラシが使いにくい場合は、紙ヤスリタイプを使います。

ひとつの作業にも、様々な道具の使い分けがあります。