協力業社の大切さ

 

一口に『リフォーム』といっても、本当に幅の広い言葉になりますので、そのなかで様々なお客様のニーズにお応え出来るように、業者も多くのコネクションを生かしあっています。




例えば、屋外の工事なのか、屋内の工事なのか。

塗装は防水加工などを含んだものか、インテリア、アートよりの塗装なのか。

水回りの工事はユニット単位なのか、配管含めてなのか。


実際にお伺いして判明した状況に応じて、これは恥ずかしいことではなく、外部の業者と提携した方がより良い結果を残せる事もありますし、場合によっては自社完結での施工が出来ない事例もあります。


例えば『電気のスイッチをひとつ増やしたい』と、こんなハコ(増設露出ボックスといいます)ひとつを設置するにしても、『電気工事士』の資格を持たない作業員は施工を行うことが出来ないのです。


建設業の面白いところは1棟の新築の家を建てるだけでも何社もの専門業社が携わって出来ています。

それはリフォームでも同じです。

だからこそ他の業者との協力関係が大切になってきます。