耐震リフォーム〜万が一に備えて〜

 

先日、『今年の漢字』が『災』であると発表されました。


地震大国である日本は、常に地震の被害を想定した対策を考える必要があり、かつ今の時期の様に乾燥していますと、家屋が倒壊してしまった場合、二次的な火災の被害などにも注意しなければなりません。


今回は、『耐震リフォーム』のご案内です。




耐震リフォームを行う際に一番留意する点は、お住まいの建物、あるいはリフォームをしたいとお考えの建物の築年数です。


日本では建築基準法に基づいて建物が造られますが、1981年6月を境に『新耐震基準』が法律に盛り込まれ、例として阪神・淡路大震災では、1981年6月以前に建造された建物が倒壊した大半であったといいます。


さらに2000年になると、新築時の地盤調査等が義務付けられ、更に耐震に対する法整備が進んだといえます。


ですので、是非1981年6月以前に建造された家屋にお住まい、あるいは所有されている方は、耐震リフォームをお勧めしたいのです。


来春には新しい元号となります。

今のうちからメンテナンスを行い、新しい時代も引き続き長く、住み慣れたお宅でお過ごし頂けるよう、ご依頼はお気軽に当社までご連絡下さいませ。