リフォームでできるアレルゲン対策⑤

 

長らく花粉および、環境アレルゲンの対策についてご紹介してまいりましたが、今回でひとまず最終回です。


抗アレルゲン剤入りの資材を施工することで、影響自体は弱くなりますが、空気中や室内の量が実際に減っているわけではありませんので、最後のポイントとして、空気清浄機の利用と併用したほうがよいでしょう。


またDIYとまではいきませんが、このようなアレルゲン物質を絡み取りやすい絨毯やカーペットを設置することもおすすめです。



特にリビングなどで配置しやすいと思います。ポイントは、このような住環境対策の資材でも、最近のものは比較的オシャレ使いができるものが増えており、お部屋のワンアクセントとして部分施工、部分配置にも向いているという点が挙げられます。


これらはアレルゲン物質が再び空気中に舞いにくいような構造となっており、そこに毎日まめに掃除機をかけたり、あらかじめ水洗い可能なものを選び、こまめに洗濯をしてしまうなどで、さらにアレルゲン物質の働きや影響を抑えることができます。


花粉対策をしっかりとおこなって、快適な春を過ごしましょう!