手軽なところからバリアフリーリフォーム

 

過去にも触れたことがありますが、日本もますます高齢化が進み、改めてバリアフリー設備の設置や、そもそもその設備自体がスタンダードだという認識も進んでおります。


純和風の家屋の玄関の階段にも、後付けで設置した『手すり』を見かけることが増えてきました。きっと、お住いの方々が高齢となり、設置したのでしょう。


改めて、『バリアフリー』とは『無障害』という意味合いです。




例えばリビングへの扉。これはドアノブ式の開閉ではなく、スライド式の引き扉にすれば、高齢者の方が杖などを片手にしたままでも開閉が可能になります。

ほかにもフローリングの素材をコルク素材や、木目をあしらったクッション素材に切り替えるなど、様々な工夫でバリアフリーを実現することが可能になるでしょう。


また、そのドアノブなども大きな物に変更したり、レバー式に変更するなどすれば、高齢者の方にとっても操作も容易になります。


バリアフリー設備導入もぜひ当社までご相談くださいませ。