災害に遭ってしまったとき②

 

引き続き、大規模災害についての関連設備のご提案とご案内です。


今回の台風に於いて最も被害を拡大する影響が大きかったのが、各地域での送電が止まってしまったことでしょう。




送電が止まることで、例えば店舗は商品の発注が出来なかったり、一般家庭では携帯の充電やネット接続ができなくなり、正確な情報を得られずに過ごすことになってしまっています。

オール電化にされているご家庭は、場合によっては家の機能の多くを失ってしまう事にもなりかねません。


そのような場合にはやはり太陽光発電設備がおすすめです。

しかしまだまだある程度高い金額でのご案内になる事もありますので、その場合は『蓄電池』の設置もおすすめです。もちろん、この二つの複合によって、更なる効果を生むこともできます。


少し別のお話ではありますが、オール電化のキッチンのみならず、また災害だけでなく通常の停電においても、通電再開時にはキッチン周りのコンセントや電化製品をご確認いただく事をお勧めいたします。


理由はコンセント付近が気づかないうちに濡れている…などという事がありますと、通電した瞬間に漏電し、火災につながる場合があるのです。


常に災害に対する意識は持っていた方がよいでしょう。