今年の寒さ対策、進んでいますか?③

 

寒さが募ると、やはり体を温かく維持しておきたいものですが、この記事でも過去にご紹介しているように、『ヒートショック』について対策をしないといけません。


ヒートショックは室内~室外の温度差、また部屋ごとの急激な温度差によって、血圧の低下などで体に負担がかかり(特に心臓など)、最悪の場合は亡くなってしまう事例もある大変怖い症例です。




人ができる対策としては、飲酒後にはお風呂に入らない、いきなり熱いシャワーを浴びないなどがあげられます。

また浴槽に浸かる場合、シャワーでお湯を張り、事前に浴室全体を暖めてからお風呂に入るなど、寒暖差をなくす工夫なども大事になってきます。


また設備としては脱衣所に暖房器具を設置して、服を脱いでからお風呂に入る流れの中の体感温度(負担)の差をなるべく少なくするという方法もあります。


特に高齢者の方が一緒にお住いになられているお宅は、この様な対策は非常に有効です。


ヒートショックの設備対策も、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。