今年の寒さ対策、進んでいますか?②

 

寒い日が続いております。


既にテレビではなかなか報道されなくなりましたが、今年初秋に日本に猛威を振るった、

2つの大きな台風の爪痕は、最も被害の多かった千葉の方々を中心に、今でも多くの人々に生活の不自由を突き付けています。




この時話題になったのは、火事場泥棒の様なリフォーム業者の対応でした。

いや、もはや業者とも呼べないような詐欺まがいのやり方で、老人が多い地区で大金をだまし取るようなやり方です。

ブルーシートを貼るだけで10万円、現地調査と言って現場に来て前金を受け取り、その後再び来ることはない…などです。


この様なパターンに遭遇することは非常にまれですが、皆様もどうかリフォームを行う際は、必ず『相見積もり』を取って『比較検討』してください。例えば『寒いのに大事な部分が壊れた!』の様な応急的な施工が必要な場合は特にです。


工事の種類の得手不得手によっての金額の違いや工期の違いなど、様々な違いがありますので、その中で一番条件にあった業者さんを選ぶようにしましょう。当社はもちろん、多くの業者は相見積もりの話を含んだ上で、相談に乗ってくれることでしょう。