お部屋が魔法瓶に?真空断熱材

 

断熱リフォームにおいて用いられる多くの手法は、壁材を一度はがして断熱材を挟みこみ、さらに防火性の高い材料を上から貼るというやり方を取っています。


しかし、最近では『真空断熱材』という材質を用いる事も少しずつ増えていました。

これは従来のものとどう違ってくるのでしょうか。


『真空』技術で用いられているのは、例えば魔法瓶や冷蔵庫の様な、室内温度を長時間一定に保たないといけない分野で、これを住宅に応用して、室温の維持をさらに進めていくという事になります。




また真空断熱材の特徴として、従来の断熱材に比べて圧倒的に薄いという特徴もあります。

この薄さを生かして、従来の様に一旦壁や床をはがして埋め込んでいくという施工方法ではなく、壁や床に直接貼り付けて施工することで、大幅な施工期間の短縮を実現できるというメリットもあります。


また、断熱リフォームは以前取り上げた『住宅エコポイント』の発行対象でもあるリフォームですので、大変おすすめです!