小さな気配り

 

少子高齢化が言われている昨今、高齢者の方、あるいはハンディをお持ちの方へのケアや気配りをどれだけ日常化出来るかが、優しさの価値を上げる事のように思います。


最近、あるお宅の玄関のステップが、コンクリートで緩やかな斜面に整えられているのを見かけました。恐らく車椅子の方か、階段のステップの高さだと転倒してしまう可能性のある方がいらっしゃる配慮かと思います。


コンクリート修繕などの規模でなくても、例えば室内のちょっとした出っ張り(ドア周辺など)にクッションを設置したりと、細かい事で未然に防げる事故は沢山あります。実際に古い日本家屋などでも、後付けでの手すり設置などの事例も増えて来ました。これらは複数世帯同居においての配慮と言えるでしょう。


リフォームの根幹は、利便性よりも住みやすさだと思います。

何かお力になれることは、ぜひ当社までご相談下さいませ。