読めない天気、予定はゆったりと

 

梅雨時になり、暑い日と肌寒い日、はたまた湿気がなかなか取れない日など、毎日コロコロ変わる空模様に体調が崩れてしまう方もいるのではないでしょうか。


特に屋外でのお仕事をされている方は、しっかりと水分と塩分の補給をしておきましょうね。


さて、本日は梅雨独特のリフォーム日程の考え方です。


梅雨時…というよりも、そもそも雨が降ってしまうと、建設やリフォームの現場の多くは、一旦現場を止めざるを得ない状況が起こってしまいます。

例えば屋外の工事ではそれが顕著で、特に塗装や補修など、乾燥が必要な工事には、天候による延期が起こっても対応できるように、日程の予備日などを考えておくといいかもしれません。


いままでは、今頃の季節には内装工事を重点的に行い、外装関係は梅雨明けの晴れ間が安定した時に行うのがセオリーでしたが、最近はリモートワークも増えてきておりますので、予備日が取りやすい状況もあると思います。


過ごす時間が増えた家だからこそ、妥協せずに工事ができるある種のキッカケになるかもしれませんね。