ヒートショックにご注意

 

寒暖差がきつくなってくるとおこりがちなのが、室内にも寒暖差が発生し、思わぬタイミングで体に負荷がかかってしまう事例です。


例えば、脱衣所と浴室の気温差に体が慣れないまま服を脱いだり、お風呂に入ったりすることで、急激な体調の変化で体がショック症状となり、貧血や心臓への負担など、幼少年や高齢者に至っては、亡くなってしまうケースもあります。これをヒートショックといいます。


これを防ぐために浴室暖房の導入をおすすめすることがあります。脱衣所まではエアコンの空気が回っていても、浴室は冷えたままというケースが多いと思いますので、それを個別の暖房で暖めるのです。


特に今年は洗濯物を外に干したくないという方も多くいらっしゃると思いますので、室内干しにも最適です。またカビなどの発生を防ぐための乾燥機としても機能します。


冬支度は、進められるところからどんどん進めて行きましょう。