ガスも寒いだろうか

 

よく、お宅の外についている室外給湯器ですが、多くのメーカー様で型の更新や寿命などによって、交換を促している事例を見掛けます。


冬場は使用頻度が上がってきますので、これらもマメに点検を行うようにしましょう。


ガス給湯器と言えば、今では多少フレキシブルな配管が出来るケースも出てきましたが、一頃前は、直線~直線~と繋ぎ合わせ、壁に這わせる配管をよく見掛けました。


中には主に銅管が入っていて、それを断熱材(発泡スチロールがもっと強くなったようなものですね)で覆って凍結を防いでおりました。


もしガス給湯器の交換などをお考えの方で、交換したものは不要だと言い方は、交換業者にそのままあげてしまうのも良いでしょう。


銅をはじめ、希少価値の高い金属が使われていた事が多いため、ベテランの職人さんあたりは、了承の上で部品取りや、金属やさんに持っていく方もいらっしゃった様ですよ。