上手に寝る工夫

 

冬になると起こりがちなこととして、夜睡眠時間の間のトイレが増えるということはみなさん経験がないでしょうか。


実はこのトイレに行くという行為も、場合によっては幼少年や高齢者においては、ヒートショックの一因ともなるうる事例なのです。


原因としては、寝室のあったまっている室温から、冷え切った家の廊下やトイレなどに行くことによって、家の中での寒暖差に体が適合できず、心臓へ負荷がかかってしまうということです。


これを改善する方法として、寝室の室温を常時上げておくということが考えられます。 常時上げていることで、膀胱の伸縮を防ぎ、個人差はあると思いますが、頻繁にトイレに行かなくなると言うことです 。


リフォームの方法としては、暖房効率の良い器具に取り替える、あるいは断熱窓に取り替えるなどが挙げられます。


ご検討はいかがでしょうか。