断熱リフォームの着地点

 

断熱窓への取り替えや、断熱材を壁の中に仕込むなど、様々に断熱リフォームの方法はありますが、果たしてその目的やどこに着地するのが正解なのでしょうか。


各ご家庭によって目的は様々ですが、理想的な断熱リフォームとしては、やはり家の中全体が均一の気温であり、また人間が活動をしやすい気温に整えられている状況だと言えます。


例えば高血圧の方には、室内の寒暖差だけでもかなり心臓に負担がかかりますし、全体的に室温が低いとそれだけで人間の活動のペースが落ちてしまいます。


実際に寒いと動きが取りづらいということは、誰しもが経験しているのではないでしょうか。

夏もそうですが、空調設備などを導入する際には、必ず最終的にはどのような環境にするのが自分の家族にとって理想かというところを、常に考えていくのがいいでしょう。