センサー式設備の効果

 

ここ最近システムキッチンやお手洗いなど、 水回りの設備の発展が顕著です。


具体的には、貯水タンクのサイズが小さくなり、より節水や節電に効果的な機能となっています。


また一方で、人が近寄るとトイレの便座の蓋が開いたり、蛇口に手を近づけると水が出たり止まったりという、人感センサーによるオート機能もありますが、今これらがウイルス感染の際の雑菌を間接的に防ぐとして、注目されています。


目に見えないウィルスを手で触っているかどうか分かりませんが、不用意に多くの場所…特に場合によっては口やお尻のような、デリケートな部分に触れることを防ぐという観点で、人感センサー機能付きの製品を導入されている方も増えてきました。


気になる方はご検討いただいてはいかがでしょうか。