梅雨の時期に不向きな施工?

 

この記事の中でも、『雨の時期には外まわりのリフォームは避けた方が無難』というような内容を何回かご紹介しましたが、果たしてそれはどの様な理由で、本当に避けた方が良いのでしょうか。


代表的なものとして『外壁塗装』が例に挙げられやすいですが、これは実は塗料のメーカーさんが出している施工の基準に基づくもので、使用可能な天候の条件として、『湿度85%未満、天候は晴れおよび曇り』と定められているため、雨の日に行ったとしても品質が保証できず、『やりたくてもやれない』という言い方の方が正しいかもしれません。


しかし、出来ないのはあくまでも塗装そのものだけであり、事前の準備などは雨が降っても進める事は出来ます。足場の組み立てや塗装面の洗浄、各所の養生などです。


また、この様な悪天候を想定したうえで工期を長めに設定することで、料金が下がる可能性もあります。ぜひご相談ください。


常にお客様に最適な状態を提供できるように、務めております。