台風から家を守るために必要な事前チェック!

 

台風や突然の豪雨など、最近自然災害が増えてきたように感じます。

その中でも、今回は台風対策についてご紹介します。

台風が来る前に、ぜひ行っておいていただきたいおうちのチェックポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしてくださいね!




【大事な事前チェック項目7つ】

□雨樋をチェック

□屋根のチェック

□外壁のチェック

□ガレージ、庭、玄関まわりのチェック

□雨戸のチェック

□ベランダのチェック

□窓ガラスのチェック


①雨樋をチェック

雨樋にゴミや落ち葉などが詰まっていると、雨漏りや家屋への浸水の原因になることがあります。

台風時だけでなく、バケツをひっくり返したような雨が最近は多いですので、普段から、掃除し、点検することをおすすめします。


②屋根のチェック

雨漏りはおうちに深刻な被害をもたらすこともあります。

屋根に、ヒビ割れ・剥がれ・瓦のズレなどはありませんか?

ご心配な方はぜひ、弊社へお問い合わせください。


③外壁のチェック

モルタル壁のヒビ割れや、板壁が腐っていたりすると、浸水被害に遭うこともあります。

ヒビ割れや腐食が見られる場合は、ご相談ください。


④ガレージ、庭、玄関まわりのチェック

ガレージ、庭、玄関まわりに不要なものは置いていませんか。

浸水する恐れがあるとことは、土のうを敷き詰めるなどして浸水対策をしましょう。

台風は強い風を伴いますので、飛ばされそうなものは事前に片付けておくことが大事です。


⑤雨戸のチェック

雨戸がガタガタしていると、強風で飛ばされることもあります。

また、雨戸には窓を守る大切な役割があります。

雨戸は日常的に使うことが少ないというご家庭も多いかと思います。

事前に、雨戸の状態をチェックしておきましょう!


⑥ベランダのチェック

つい、忘れがちなベランダですが、こちらも不要なものは置いてませんか。

台風の強風により、物が飛ばされると、落下事故の危険性も高まります。

ぜひ、事前にチェックしておきましょう!


⑦窓ガラスのチェック

台風被害で一番多い怪我の原因は、この窓ガラスの飛散による事故です。

窓の状態をチェックしておきましょう!

【飛散防止フィルム】などを活用すると、窓ガラスが割れたときの被害を最小限にとどめることができます。

窓が割れなくなる、というわけではありませんが、万が一、窓が割れても、窓ガラスの破片が飛散することを防いでくれる優れものです!


台風前だけでなく、定期的におうちの状態をチェックしておくことをおすすめします。


新潟県新発田市にあるアイスタイルでは地域密着でやっているからこそ、何かあった時にすぐに駆けつけさせていただいております。

アフターフォローを含めての住宅だと考えてるからですね!

何かお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください!