受験期のリフォーム提案②

 

1~2月は特に寒さ対策に注目が行きがちですが、お子様がいらっしゃるご家庭においては、また違うイベントを意識しないといけないのかもしれません。


それは『受験』です。


お子様の将来のことをお考えになる際は、やはり避けては通れないイベントだと思います。




また今すぐ受験をする年齢ではなくても、近い将来に向けて、子供部屋のリフォームを考える事も大事なことだと思います。


今回も前回に引き続き、受験や勉強の観点からリフォームのご案内です。

今回は『健康』です。


以前から冬場の温度管理による健康管理のご提案をさせて頂いておりますが、お子様が勉強をするうえでも、適切な温度管理は適度な集中力と、受験本番まで体に負荷をかけない体力維持が期待できます。


子供部屋や勉強部屋にお勧めなのは、ずばり床暖房です。


適切な集中力を生み出すには、眠くならず、負担も軽減する『頭寒足熱』の状態を維持することが重要と言われています。


特に理想は足元が約30℃、室温全体は約20℃が良いと言われています。将来を見越して、子供部屋への床暖房の導入はいかがでしょうか。