夏こそ和室を見直す。

 

いよいよ夏本番という天気も続いております。

スタッフ、職人、各所のお客様の下で、本日も頑張らせて頂いております。


今日は、『和室』のお話を少ししたいと思います。




リフォームといえば、古い日本家屋を洋室化したりというように、現代の価値観においては、日本家屋や和室は『機能美』というよりも客間の風情や冬のこたつの様な『様式美』『わびさび』に重点が置かれているように思います。


しかし、日本家屋自体は実はこの夏の様に、暑い気候に対して作られていたのです。


例えば、縁側をすっぽりと覆うひさしの長さや、襖扉をあけると家中を一本の導線で繋げるような室内構造なのです。

つまり直射日光を避け、風を逃がさず家屋の隅々まで吹き通すという工夫がなされていたのです。


反面、冬場は冷気を遮るものが少なく、前述のように採光しにくい構造ですので寒くなりがちですが、昔の価値観としては、夏場をいかに快適に過ごすか、という事に重点が置かれていたのでしょう。


和室リフォームの際は、この様な機能性も念頭に置きながら実施して頂くのはいかがでしょうか。


お問い合わせはお気軽に当社までお寄せ下さいませ。