災害に備えるリフォーム

 

お盆を過ぎようとしているこのごろ、暑さは少しずつ落ち着き、湿気は残るものの、これから少しずつ、過ごしやすい時期となります。


入れ替わりというとおかしいかもしれませんが、この後予測されるのは台風のシーズンです。

また、先日福島で割合に大きな地震(一説には東日本大震災の余震とされています。)があったように、地震大国日本では、いかに災害に備えるかという工夫も非常に大切です。


今回は、耐震リフォームについて、皆様に目安となる事をお伝えします。

これらにあてはまる住居にお住いの方は、ぜひ一度耐震リフォームをお考え下さい。




まず、一番大事なポイントは、昭和56年以前に建築された物件か、以降に建築された物件かの違いです。


現行の建築基準法は2000年に制定されましたが、一番基準が増えて厳しくなった年が、昭和56年なのです。

つまり昭和56年以前の物件は、現在の法律に照らし合わせると、様々な部分で基準に達していない場合があるのです。


他にも、


シロアリ被害に遭ったことがある

1階に大きな窓が多い

1階に車庫などが密集していてスペースが少ない


などは要注意です。


次回は災害時のライフライン確保のおすすめです。