明るい照明で秋の深まりに彩りを

 

すっかり日が落ちるのが早くなり、家庭内でも照明器具の出番が増えて参りました。


今回のご紹介は、『LED照明の導入と効果』です。


LED照明はご存じの方も多いと思いますが、照明器具の中でも省電力であり、家庭においては光熱費節約につながるものです。


またヒューズで発熱、発光させる仕組みではないので、耐用年数が長く、光の強さも落ちにくいという性質があります。




そしてLEDの特徴として、明るさや光の色に対して『ルーメン』や『ケルビン』という独自の数値が用いられています。逆に数値で判断できるということは、その電球がその明るさや色を出し続けられるという信頼性もあるということです。


注意点としましては、既存の白熱球などよりも大きいサイズのものが多いので、シェードとの大きさが合わない場合があったり、状況によっては電気技師の資格を持った施工者が必要なこともあります。


しかし、照明による演出がしやすかったり、光熱費の削減の効果は高いですので、衣替えのこの時期に、ご自宅やお部屋の雰囲気も、照明の雰囲気作りで衣替えをされるのはいかがでしょうか。