阪神淡路大震災③

 

引き続き、ラーメン構造・SE工法の特徴についてお話します。


ラーメン構造は、事前の強度計算などをした際に、いつも均等な数値を維持できる鉄資材やコンクリートだから成り立つ工法であり、『節』や『割れ』など、天然の環境下において常に一定ではない木材を対象に成立する工法ではないと言われていました。しかし、技術の進歩によって、特に接合部において強力なボルトなどを用い、一部を金属加工することによって、日本の風土感にあった木造建築を維持しつつも、SE工法用に特別に差異が出にくい加工方法をとった材料を使う事で、耐震にも効果を発揮する事ができるようになりました。


SE工法で建てられた家は、先の熊本地震や東日本大震災でも、倒壊を免れていると言われています。SE工法は、まさに阪神淡路大震災の教訓から生まれた、日本の耐震事情に適した工法だと言えるでしょう。