突風とリフォーム~屋根対策

 

前回の続きのお話になります。


突風などが発生した場合を考えたとき、まず考えないといけない箇所は『屋根』になります。

よくある事例として、『突風で屋根瓦が飛んでしまった』というものは多いです。また、屋根のスレートに浮きがあった場合は、風の吹き方によっては屋根自体が家からはがされる格好で飛ばされてしまう事も事例として存在しています。


屋根のリフォームを検討したほうがいい場合としては、下記に該当する場合です。


・トタン

・築15年以上

・サビ、釘の浮きが目立つ

・雨漏りがある


などです。またシーズンで言えば、やはり台風シーズンまえには一度確認をした方がいいでしょう。


いずれのパターンにしても、ポイントは屋根部分と家の梁に隙間や痛みがあるかどうかです。状況に応じて、防水処理や上から覆いをするように補修する、新しいものに交換するなど、業者と打ち合わせの上施工していきます。


屋根の見直しは、まさに風雨を凌ぐという家の原点を見つめなおす事にもつながると思います。