北国に学ぶ

 

よく北海道あたりの地域で見かける家の特徴として、玄関扉が二重になっている物件をよく見かけます。


これは玄関の外にもう1段階『風除室』と言うものを設けることによって、直接の寒気を防ぎ、家を暖かく維持するための工夫です。


玄関は頻繁に開け閉めされますので、その都度冷たい空気が入ってくることが当然考えられます。それを防ぐ仕組みです。


風除室は北国だけのものではなく、都心でも一部の地域や、また防犯の目的でも設置されることがあります。


風除室を設けることで、ワンランクレベルの高い防寒対策となり、より室内を快適に維持することができます。

また、使い方によってはプランターを置いたり、インテリア的なアレンジを行うことも可能です。


単純な防寒対策だけではなく、ワンランク上のこだわりの防寒の要素を取り入れるのも良いでしょう。