ストレスのない朝にする

 

世間的にすっかりマスクをしている人の方が殆どとなっていますが、例年のこの時期、マスクをつける理由は圧倒的に『花粉』だったのではないでしょうか。


コロナが注目される一方で、インフルエンザなどの季節的な病気はあまり取り上げられませんし、どうやら感染者数も少ないようなのですが、こと花粉症に関しましては、体内の細胞とどのように絡んでしまっているかという個人差が大きいのでなかなか予防という考え方はあてはまりにくい事も確かです。


ですので、ある意味では花粉がある事は前提で生活し、なるべくその影響を受けないようにするという対策の仕方も効果があると思います。


現在注目されているのは、花粉やハウスダストなどを吸着しやすい床材の導入により、部屋に入ってしまった花粉が室内に舞いにくい環境をつくるものです。


従来、朝に花粉の症状が出てしまうのは、夜のうちに床に落ちた花粉が、家族の行動と共に舞い上がってしまう事が考えられますので、床を意識したリフォームによって、花粉やハウスダストの影響をうけにくい生活を考えてみるのはいかがでしょうか。