日本的な発想から換気をする

 

雨が急に強くなったと思えば、これまた急に日差しが強くなったりと、梅雨時の天候には振り回されてしまいがちですが、この時期の晴れた日の暖かい風は、湿気のこもる部屋の換気には必要不可欠です。


換気と言えば、主に部屋の換気の事に気を取られがちですが、家具類や収納においても換気が重要です。例えば、食器棚、クローゼット、タンス、押し入れなどです。

収納している衣服や布団が、知らない間に湿気でいたんでしまうという事もありがちです。こまめに意識的に開放して、換気を行うといいでしょう。


また部屋そのものの換気も、扉の開放によって行いますが、ドアタイプですと、いわゆる『隙間風』を作るのにも生活導線を邪魔してしまったり、大きく開放するとプライベート空間として成立しなくなってしまう事があります。


その対策リフォームとして、押し入れの様に引き戸タイプに変更することが考えられます。

引き戸は解放時は2枚ないし3枚の扉が重なるため場所を取りませんし、開放してもレースやカーテンを取りつける事によって、プライバシーを守る事も出来ます。


快適に過ごすヒントは、たくさんあるのです。